鈴木実麻の旅行ブログ♪

私が経験してきた世界各地、日本全国、たくさんある素敵なところを紹介していきます。

ハレクラニ沖縄 ~一生に一度は行くべきハワイ発の超高級リゾートホテル~

f:id:mio-log:20210113154149j:plain

こんばんは。

鈴木実麻です。

 

ここ大阪は冬真っ最中ですが、沖縄ではこの時期でも気温が20℃以上の日も多く快適なんだとか。

そんな沖縄に2019年7月にオープンしたのがハレクラニ沖縄です。

 f:id:mio-log:20210113153615j:plain

ハワイが好きな私は元々ハワイのハレクラニを知っていたので、まさか沖縄にオープンするなんて驚きでした。

これは行くしかない!と思い、行ってみて本当に感動しました。

一生に一度は行くべきその魅力をお伝えします。

f:id:mio-log:20210113155011j:plain


 

ハレクラニ沖縄とは?

ハワイで100年以上もの歴史をもつ超高級リゾートホテル『ハレクラニ』が沖縄に上陸。

ハレクラニ沖縄の代名詞は「天国の名にもっともふさわしい楽園」です。

沖縄の中でも珊瑚礁の海と白いビーチで人気の恩納村に位置し、美ら海水族館や古宇利島も近くにあります。

f:id:mio-log:20210113154856j:plain

 

おすすめな理由

開放的なヴィラ

部屋に入った瞬間オーシャンビュー♪

そして、テラスにはプールと露天風呂。

とにかく開放的で眺めが抜群に良いです。

f:id:mio-log:20210113153512j:plain


ホスピタリティ

ロビーではウェルカムドリンクの「グアバ・ハニー・レモネード」。

シャーベットカクテル風で、これがとても美味しいんです。

また、スタッフの方はどんな要望にも快く親切にご対応してくださります。

f:id:mio-log:20210113153359j:plain

 

大切な人と優雅なひと時を

愛するパートナーとのハネムーンに。

日頃の感謝を込めた親孝行に。

ハレクラニ沖縄で優雅なひと時を過ごしてみてはいかがでしょうか。

来場者数・約90万人! 『なばなの里』のイルミネーション

f:id:mio-log:20210108173112j:plain

こんばんは。

鈴木実麻です。

 

この3連休は、大寒波の影響で珍しく大阪でも雪が降るなど、かなり寒かったですね。

もう冬本番ですね。

 

冬の風物詩のひとつにイルミネーションがあります。

関西にも、大阪の御堂筋、神戸のルミナリエなどのイルミネーションスポットがありますが、今回は一歩足を伸ばして、多くの方が訪れる三重県のイルミネーションの人気スポット『なばなの里』をご紹介します。

f:id:mio-log:20210108174348j:plain

 

 

なばなの里とは?

なばなの里は、三重県桑名市にある観光施設です。

春から秋にかけては、季節の花が辺り一帯に綺麗に咲き、冬には幻想的なイルミネーションを楽しむことができます。

 

 

人気の理由は?

①イルミネーションの美しさ

私も以前、経営者仲間とイルミネーションの時期に訪れたことがあります。

関西や東海地方の若者にとって、定番のデートスポットです。

 

②アクセスの良さ

近くには、長島スパーランド三井アウトレットパークなどの人気スポットがあり、また名古屋からは約30分、大阪からは約2時間とアクセスも抜群です。

f:id:mio-log:20210108174420j:plain


実際に行ってみて

デートに人気というイメージがあるため、場内はカップルだらけかと思っていましたが、実際に行ってみると、家族連れやお友達同士で来ている人も多く、多くの観光客で賑わっていました。

 

自粛期間が明けたら、是非なばなの里のイルミネーションを見に行ってはいかがでしょうか?

2020年を振り返ってみました♪

f:id:mio-log:20210106154305j:plain

新年明けましておめでとうございます。

鈴木実麻です。

 

皆さんは、この年末年始をどのようにお過ごしでしたでしょうか?

私は、家族とともに新年を迎えました。

 

さて、2020年を振り返ると、この1年間大きな出来事が2つありました。

 

1つ目は、1月の母とのヨーロッパ旅行です。

初めて母と2人での海外旅行は感慨深いものがありました。

女性経営者としての道を歩み始めた20代半ばの頃から、お世話になった母には恩返しをしたいとずっと思ってきましたが、まさか30代半ばで母にヨーロッパ旅行をプレゼントできるなんて、夢にも思っていませんでした。

経営の師匠からは「現実が夢を追い越す日が来る」と言ってきてもらいましたが、それを現実にできたことがとても嬉しかったです。

母が行きたがっていたスペインとフランスを旅しましたが、母が喜ぶ姿を見ているのが何よりも幸せな時間でした。

f:id:mio-log:20200418143518j:plain

 

2つ目は、『ロハスフェスタ万博2020』への初出展です。

私が経営するオーガニックセレクトショップ ~HOME~では、SDGsに積極的に取り組んでおり、そのご縁でロハスフェスタ万博2020に出展させていただきました。

出展にあたっては、店舗スタッフや多くの方々にご尽力いただき、感謝しかありません。

そのお陰もあり、イベント3日間で多くの方にお越しいただけました。

f:id:mio-log:20210106154945j:plain

 

毎年毎年新たなチャレンジができるのも、家族や経営者仲間、友人など周りの支援あってのことで、とても感謝しています。

本年も、このブログを通して「一度きりの人生、大きく望もう」「願望は知識」というメッセージを発信し続けていきます。

関西を代表する紅葉スポット『京都・嵐山』

f:id:mio-log:20201211163733j:plain

こんにちは♪

鈴木実麻です。

 

師走になり冬を感じる今日このごろです。

つい1ヶ月ほど前は、近所を歩いていると、赤や黄色に色づいた木々や落ち葉を見かけて秋を感じていました。

私の地元である京都では、毎年紅葉の時期は多くの観光客で賑わいます。

 

京都には、下鴨神社圓光寺東福寺など、たくさんの紅葉スポットがありますが、

私の知人が嵐山に訪れたそうで、写真を見せていただくと秋の景色がすごく綺麗でした。

f:id:mio-log:20201211164019j:plain


嵐山へは、私も何度か訪れたことがあります。

f:id:mio-log:20201211162053j:plain

約400mに渡って空に高く伸びた竹林が続いており、その竹林を抜けると、トロッコ嵐山駅があります。

f:id:mio-log:20201211162240j:plain

このトロッコ列車は、紅葉や桜の季節には多くの方で賑わいます(乗車率が100%を超えるほどです)。

沿線には、保津川下りで有名な保津川があり、トロッコ嵐山駅~亀岡駅までの約20分間、秋の大自然を楽しむことができます。

f:id:mio-log:20201211163832j:plain

夜にはライトアップされた紅葉も見ることができてデートにもぴったり♪

 

ほかにも、嵐山には名所がたくさんあります。

よく目にするのは渡月橋ですよね。

f:id:mio-log:20201211163341j:plain

パンフレットによく載っている景色です。

 

他にも、竹林や天龍寺などの歴史ある観光地に、インスタ映えスポットのキモノフォレストもあります。

f:id:mio-log:20201211163605j:plain

また、12月11日~20日にかけて開催されている「京都・嵐山花灯路」では、渡月橋や周辺の山々がライトアップされており、幻想的な風景が楽しめます(参考:京都・嵐山花灯路)。

f:id:mio-log:20201211163128j:plain


嵐山へは、JR京都駅から約15分、阪急大阪梅田駅から約50分とアクセス抜群ですので、旅行に行く機会があれば是非行ってみてはいかがでしょうか?

『ロハスフェスタ万博2020』と合わせて行きたい観光スポット3選♪

f:id:mio-log:20201030213819j:plain

こんにちは。

鈴木実麻です。

 

店舗のHPやSNSでもお伝えさせていただきましたが、11月6日(金)~8日(日)に開催される『ロハスフェスタ万博2020 Autumn 2nd』(以下、ロハスフェスタ)に、私が経営するオーガニックセレクトショップ-Home-が出展することが決まりました!

https://mobile.twitter.com/HOMEselectshop/status/1313092892303319041

 

ロハスフェスタのテーマに沿って、健康、美容、オーガニック、エシカルフェアトレードに関連する商品を通して、ロハスなライフスタイルをご提案できればと、出展に至りました。

 

さて、ロハスフェスタが行われる万博公園ですが、観光地として週末には多くの人で賑わいます。

そんな万博公園や周辺エリアの見どころをご紹介していきます♪

 

太陽の塔

芸術は爆発だ!」で有名な芸術家・岡本太郎氏がプロデュースし、1970年に開催された大阪万博のシンボルです。

実は、塔内も芸術的なデザインとなっており、外から見ても、中に入っても楽しめるスポットです。

taiyounotou-expo70.jp

 

②ニフレル

様々な生き物に触れることができ、家族連れや友達同士、カップルで楽しめます。

生き物を身近に感じられるのが良いところです。

www.nifrel.jp

 

ひつじのショーン ファミリーファーム

人気コメディアニメ「ひつじのショーン」のテーマパーク。

ステージショーを観たり、迷路や滑り台で遊んだり、子供が喜ぶこと間違いありません。

家族連れの方にはお薦めです。

family-farm.jp

 

ぜひ一度足を運んでみてください。

 

これまで訪れた地の歴史を学ぶ in 伊勢・赤福

f:id:mio-log:20201014063934j:plain

こんにちは。

鈴木実麻です。

 

今回からは、国内の観光地や有名スポットの歴史についても調べてみました。

まずは、日本人の心のふるさととも言われるお伊勢さんの有名土産「赤福」についてです。

 

私は、お伊勢さんへは毎年のように訪れていて、その度におかげ横丁にある赤福本店に寄っていますが、赤福って本当に美味しいですよね。

友人や経営者仲間にお土産に買って帰るとも、いつも喜ばれます。

 

そんな赤福ですが、その歴史は長く、今から約300年前の1707年に創業しました。

1707年は、生類憐みの令で有名な徳川綱吉の時代です。

赤福って、そんな古い時代から続いていたのですね!

 

f:id:mio-log:20201014064157j:plain

 

今の場所に本店を構えたのは、創業から170年後の1877年。

西南戦争が起きた年です。

 

それから、第二次世界大戦による休業を挟み、東京オリンピックが開催されて1964年には大阪と名古屋に直営店をオープン。

1975年には、テレビドラマ「赤福のれん」がフジテレビ系列にて全国放映。

そして、2010年には信頼の証である「HACCP手法導入施設」と三重県から認定され、味も安全も保証されたお菓子として確立されたそうです。

 

私は、赤福本店で食べる出来立ての赤福とお茶のセットが大好きです。

f:id:mio-log:20201014064124j:plain

 

お伊勢さんに行かれる際は、ぜひ寄ってみてください♪

 

なかなか旅行には行きにくい情勢ですが、早く旅行を再開できる日を心待ちにしています。

次の楽しみは、11月に行われるロハスフェスタ万博への出店です。

たくさんの方に喜んでいただけることを楽しみにしています♪

これまで訪れた地の歴史を学ぶ in フランス・モンサンミッシェル

f:id:mio-log:20200811184127j:plain

 

こんにちは。

鈴木実麻です。

 

『これまで訪れた地の歴史を学ぶ』シリーズも、今回が8記事目になります。

今回は、今年1月の親孝行旅行で母と訪れた思い出の地である”フランス・モンサンミッシェル”の歴史について書きたいと思います。

 

カトリック教の礼拝堂として建設

モンサンミッシェルの起源は今から約1,300年前の西暦708年、大天使ミカエルが司教(カトリックの職務の位の名称)に「この岩山に聖堂を建てよ」とお告げをし、カトリックの巡礼地であるこの地に礼拝堂が建てられました。

 

監獄として使われたモンサンミッシェル 

月日は流れ、イギリスとフランスの戦争であった百年戦争(14世紀~15世紀)の際には自然の要塞として使われ、18世紀のフランス革命の際には修道士は追い払われて監獄として使われていました。(見る人を魅了するモンサンミッシェルですが、まさか昔は監獄だったなんて驚きました!)

 

世界文化遺産登録へ

フランス革命後、フランスでは歴史のある美術品や建築物を保護しようという動きがあり、このモンサンミッシェルも増築や修復が行われ、今の姿になりました。その歴史と建築が評価され、1979年には世界文化遺産に登録されました。

 

f:id:mio-log:20200811190046j:plain

 

世界遺産で繋がる、日本の「宮島」とフランスの「モンサンミッシェル」 

日本との友好も深く、2009年にモンサンミッシェルと宮島のある広島県廿日市市の間で観光姉妹提携が結ばれました。

 

モンサンミッシェルと宮島は、海に浮かぶ世界遺産であること、信仰の聖地として1000年以上の歴史があること、それぞれの国を代表する観光地であることなど、大きな共通点があり、とっても親近感を感じますね。 

 

www.city.hatsukaichi.hiroshima.jp

 

私たちが訪れた際には、友好10周年を祝ったポスターも見つけました。

遠く離れた国ではありますが、とっても身近に感じますね。

f:id:mio-log:20200812092831j:plain

 

歴史を知れば知るほど、モンサンミッシェル の魅力を一層感じることができます。

「西洋の驚異」とも言われるほど素晴らしい観光名所なので、是非行ってみてください。